猫 食べさせてはいけない

猫に食べさせてはいけない物について

猫に食べさせてはいけない物について

今回は猫に食べさせてはいけない物や注意したほうがいい物を紹介していきたいと思います。

では早速食べてはいけない物と、どうして食べてはいけないかを見ていきましょう。

●ネギ類
玉ねぎ、長ネギ、ニラ、らっきょう、アサツキ、ニンニクなどは、ネギ科の植物なので、覚えておきましょう。 ネギ類には、アリルプロピルジスルファイドという物質が含まれていて、その物質が赤血球を破壊して、溶血性貧血の原因になってしまいます。 すき焼きの汁やネギのかけらが入っている味噌汁、ニンニク入りのパスタも食べさせてはいけません。 もしも貧血を起こしてしまうと、血色素尿が出たり、元気がなくなったり、嘔吐、心臓の鼓動が早くなったり、下痢などの症状が現れます。 このような症状が出ても、ほとんどは自然治療することになりますが、幼猫や高齢猫の場合は、重度の貧勝つ状態になってしまったり、死亡してしまうことがありますので、注意しなくてはいけないのです。 多くの料理に玉ねぎや長ネギが含まれていると思うので、愛猫が食べないように気をつけなくてはいけません。

●イカやタコ
皆さん1度は聞いたことがあると思いますが、昔から「猫にイカを食べさせると腰を抜かす」と言われていました。 生のイカに含まれているチアミナーゼという酵素が、ビタミンBを分解し、急性ビタミンB1欠乏症を引き起こしてしまう場合があるようです。 初期段階では、食欲の低下や嘔吐などの症状が見られますが、もっと状態が悪化してしまうと、瞳孔が開き、歩き方がフラフラになってしまいます。 またそれ以上状態が悪化してしまうと、痙攣を引き起こしたり、異常な姿勢をとって、大声で鳴き声をするような場合は、昏睡状態に陥り死亡してしまうのです。 チアミナーゼは、多くの生の魚介類に含まれているので、注意しなくてはいけません。 ですが、チアミナーゼというのは、加熱すると効力を失うため、加熱をして少量あげる分にはいいようです。 猫の必須栄養素であるタウリンが多く含まれているので、加熱して少しだけ与えるといいかと思います。

●チョコレート
チョコレートやココアに含まれているテオブロミンという物質を猫は分解することが出来ないため、嘔吐や下痢を引き起こしてしまいます。 また最悪な場合は、死亡してしまうことはありますので、もし猫が食べたがったとしてもあげてはいけません。

●生卵
生卵の白身は、アビジンという酵素の一種が含まれていて、ビタミンの一種であるビオチンを分解します。 大量に食べると、体内でビオチンが破壊されてしまい、皮膚炎や結膜炎を引き起こしてしまう場合があります。 ですが、浴び腎は加熱することで壊れますので、卵を与えようと思うのであれば、必ず加熱してから与えなくてはいけません。

●アボカド
アボカドには、ペルシンという物質が含まれていて、猫などのペットに食べさせてしまうと、中毒症状を引き起こし、痙攣や呼吸困難を引き起こしてしまう場合がありますので、食べさせてはいけません。

●アワビ
アワビの内臓には、多くのピロフェオホルバイドaなどの光励起物質が含まれています。 猫がこの物質を体内で吸収すると、光線過敏症の原因になってしまいます。 猫は毛で全身が覆われているので、直射日光を浴びたとしても、日光が皮膚まで届きにくいのですが、耳だけは毛が薄いので、日光が皮膚や毛細血痕まで届いてしまい、光線過敏症を引き起こしてしまうのです。 光線過敏症を引き起こしてしまうと、激しい痒みがあり、猫がかきむしってしまうのです。 そして有害成分により、耳の組織を壊死させてしまうことがあります。 そのため、「猫にアワビをあげると耳が落ちる」と言われているのです。 2月~5月のアワビには特に注意した方が良いようです。

●青身魚
アジやイワシ、サバなどの青身魚は、不飽和脂肪酸という成分が含まれているので、青身魚を過食してしまうと、猫の脂肪が酸化してしまい、黄色脂肪症になってしまうのです。 黄色脂肪症になってしまうと、腹部や胸部、腹腔内などの皮膚脂肪が酸化や変性して炎症を引き起こしてしまうのです。 お腹から胸にかけ、痛みと熱をともなうしこりが出来るため、普通に歩くことが出来なくなり、触られるのを嫌がったりします。 ですが、不飽和脂肪酸は、少量なら有益な成分なので、ラバンスよく少量食べるのであれば、大丈夫だそうです。

●牛乳
牛乳に含まれている乳糖を猫がうまく分解するとなると、ラクターゼという酵素が必要になりますが、猫により、酵素が十分にないので、消化できず、下痢や軟便を引き起こしてしまう猫がいます。 そのような症状を起こしてしまう猫には、猫用のミルクを与えるようにしなくてはいけません。 またチーズやバターのような乳製品には、塩分が多く含まれているので、注意しなくてはいけません。

●香辛料
コショウ、唐辛子、カレー、タバスコなどの香辛料は、胃腸炎や内臓障害の原因になってしまうので注意しなくてはいけません。

このように猫に食べさせてはいけない物、注意しなくてはいけない物がたくさんありました。 加熱すれば食べられる物もありましたので、そういった物を必ず加熱してから与えるようにしましょう。

何もしらずに与えてしまうと死亡してしまう可能性がありますので、猫を飼っている人、これから飼う人は、これらをしっかり覚えておくと役に立つと思いますので、参考にしてみてください。

↑ PAGE TOP