猫アレルギー

猫アレルギー

猫アレルギーについてみなさんはどれくらい知っていますか? 猫アレルギーの症状などについてよく知らないという人もいるので、紹介していきたいと思います。

まず、猫アレルギーとは、猫を触れ合うことでアレルギー反応を引き起こし、くしゃみや鼻水、咳など、風邪によく似た症状が出ます。

アレルギー反応が自然に完治することは基本的にはないので、猫を飼うのであれば、家族などが猫アレルギーなのか、そうでないのかなどを予め確認しなくてはいけません。

猫アレルギーを引き起こす原因はなんなのかというと、猫のフケなどに含まれているアレルゲンが原因だと言われています。

毛などに付着しているアレルゲンが私達の体内に入ってしまうと、体が危険な異物だと判断し、そのアレルゲンに過剰に反応した人の免疫力が、猫アレルギーの症状になってしまうのです。

そして猫アレルギーには、他にもあるので、紹介しておきます。
・目
目のかゆみ、充血、涙
・鼻
くしゃみ、かゆみ、鼻水
・のど
咳、痛み、喘鳴(ゼーゼーいう)
・皮膚
発赤、かゆみ


このような症状が出てしまうのですが、重度の場合は、呼吸困難を引き起こしてしまう可能性があるため、注意しなくてはいけません。

自分が猫アレルギーなのかそうでないのかは、病院で簡単に検査することが出来るので、上記の症状が出てしまった人は、検査をしたほうが、自分の為にもなると思います。

また寝不足も猫アレルギーを悪化させてしまう原因になるようなので、気を付けた方がいいかと思います。

睡眠が不足してしまうと、新しい血液を生成することが出来ず、免疫機能が低下してしまい、普段猫と触れ合っても、症状が出ないのに、寝不足で猫に触れるとアレルギー症状が出てしまうこともあるようです。 やはり私達の体には、睡眠がとても大切と言うことがわかると思います。

そして猫アレルギーを持っている人に中には、猫が大好きという人もいるでしょう。 猫アレルギーであっても猫と仲良くしたいと考えるのであれば、対策をしてみると少しは猫と触れ合うことが出来るのではないでしょうか。

では少し対策を紹介します。
1つ目は、掃除をすることです。
掃除を簡単に言っても軽く掃除するのではなく、徹底してしなくてはいけません。 皆さんは掃除をする時に、掃除機をかけてから、水拭きなどをしていると思いますが、そうではなく、水拭きをしてから掃除をかけるようにすると、アレルギー物質をまき散らすことなく、掃除することが出来ると思います。 またカーテンなどに毛やフケが付着してしまっているので、こまめに洗濯をしたり、カーテンではなく、ブラインドタイプにしてしまったほうがいいでしょう。 また何日に1回掃除をするのではなく、毎日掃除機やコロコロを使い清潔に保つことが大切です。 また猫アレルギーを持っている人の多くは、ハウスダストにも反応してしまうので、布団を干してから掃除機をかけなくてはいけません。

2つ目は、こまめに洗濯することです。
先ほども少し書きましたが、こめまに洗濯をすることが大切になります。 寝具は少なくても月に2回は洗濯をしたほうがいいと言われています。 布団や枕カバーを洗うと、わずかなチリや猫アレルゲンを除去することが出来ます。 またじゅうたんなどは、ホコリが付きやすいですし、掃除をしにくいので、フローリングが1番いいかと思います。 またソファーやベットなどは、高密度で繊維素材で作られているものに変えて、こまめに洗濯をするようにする必要があるのです。 めんどうに思わず、こまめに洗濯をするように心がけましょう。

3つ目は、猫をシャワー・お風呂に入れることです。
いくら掃除や洗濯をこまめにしたとしても、猫が不潔のままではフケや老廃物が増えてしまい、意味がありません。 またシャワーで綺麗にしてあげると、抜け毛やフケの量も減らすことが出来るので、清潔にしておくといいでしょう。 またこまめにブラッシングすることも効果がありますので、してあげるようにしましょう。

4つ目は、アレルギーを引き起こしにくい種類やメス猫と仲良くすることです。
オス猫とメス猫だと、メス猫の方がアレルゲンの分泌が少ないと言われていますが、オス猫であっても去勢をしてしまえばアレルゲンの分泌を抑えることが出来ると思います。 なのでどうしても触れ合いたいと思うのであれば、メス猫のほうがおすすめです。 また種類によっても、アレルゲンの分泌量に違いがあり、ロシアンブルーやアビシニアンなどは、比較的に分泌量が少ないと言われているので、リスクを抑えるのであれば、そういった種類の猫を選ぶようにしましょう。

このように猫アレルギーだけど、猫が好きな人でも猫を飼うことが出来るかもしれません。 ですが、自己判断は危険なので、医師に相談してから決めた方が1番安心だと思いますので、相談してみましょう。 もしも重度になってしまうと、呼吸困難になって大変なことになってしまう可能性があるということを絶対に忘れてはいけません。 猫アレルギーを簡単に考えず、しっかり考えるようにしてください。

↑ PAGE TOP