なめ猫 再ブレーク

再ブレークするかも!?なめ猫とはいったい何?

皆さんはなめ猫について知っていますか? 若い子だと知らないという人が多いかもしれませんね。

最近ではCMで、なめ猫が出てきているので、目にしたことがある人が多いと思いますが、なめ猫って、猫が服を着ていて可愛いと思いませんか?

ではなめ猫について紹介していきたいと思います。 なめ猫というのは、1980年代初期の日本で短期間で流行した、暴走族風の格好をした猫のキャラクター企画だったのです。

なめ猫というのは、本物の子猫に衣装を着せて座らせ、正面から撮ることで直立しているように見えるように写真撮影したもので最初に数々の商品が作られていました。 このなめ猫のプロデューサーをしていた人は、津田覚さんという人です。


津田さんは、自分が住んでいた近所にあった、クリーニング屋さんから4匹の子猫を引き取り大切に育てていました。 そして津田さんは、当時付き合っていた恋人が置き忘れていった人形の洋服に興味を持って、面白半分でその洋服を猫に着せて撮影したのが、なめ猫の始まりのきっかけになったのだそうです。

そしてなめ猫の正式名所はというと、「全日本暴猫連合 なめんなよ」で、そのキャッチフレーズが「なめんなよ」だったため、略して「なめ猫」になったようです。

また1980年~1982年までに発売されていた、初代なめ猫グッズは、ポスター600万枚、自動車の免許証風のブロマイドは1200万枚売り上げられていたようです。 特に免許書風のブロマイドは一大ブームになり、ブロマイドには「死ぬまで有効」「なめられたら無効」などの表記があったことも有名でした。 そしてなめ猫以外にも芸能人、アニメ、映画のキャラクター、エリマキトカゲなどの派生商品が多数販売もされていたようです。

このブームが最盛期では、交通違反をした人が、運転免許証提示命令に対して、なめ猫免許証を出して見せたことが多くあり、警察から発売元にクレームを入れるほど、社会現象になっていました。

またその他にも、文具や写真集など、500種類以上のキャラクター商品が発売していましたが、津田さんが多忙になったことでマスコミや動物愛護団体から猫に虐待をしているのではというような疑いの声が多く寄せられたことで、発売が中止になって、ブームも沈静化しました。

ですが、実際は衣装を着せて、立たせているように見えるように撮影しているだけで、前足を少しあげさせて、撮影していただけなのです。 発売が中止になった後は、なめ猫達は、スタッフや希望者たちに引き取られていったそうです。

ですが、2005年には、23年ぶりになめ猫グッズが発売され始めたのです。 発売されたグッズは、当時のオリジナルと同様の暴走族ファッションの他にも、現代風のファッションをしている猫などもあります。

グッズは、免許証のブロマイドや時計、バスタオルなどが発売されています。 この再発売に新たに撮影された写真は1枚もなく、全てのプロデューサーの津田さんが当時撮影された物がグッズに使われているのです。

2005年度版の免許証風のブロマイドは、2015年までで1900万枚を売り上げたそうです。 他のキャラクター商品と同様に海賊版の物が存在していて、このキャッチフレーズは、「なめるなよ」や「にゃめるな」と変更されていました。

2015年には、ワイモバイルのCMの学割応援団のキャラクターとして出演していて、その声は哀川翔さんが担当しているようです。 このCMはとても可愛くて、見るたびに癒されますよね♪

またラインのスタンプでもなめ猫スタンプがあります。 そのスタンプは、暴走族風だけではなく、可愛い服を着ている物もあります。 とても可愛いので、既に使っているという人もいるかと思います。

その他にも、免許証風ブロマイドは、ネットなどでも販売されているため、欲しいという人は今でも購入することが出来るようになっているので、気になる人は探してみるといいでしょう。

私のおじさんはなめ猫が好きだったようで、お部屋になめ猫のポスターが貼ってあったことを覚えています。 子供だった私が見ても可愛くて興味があったので、大人が好きなのも当たり前かと思います。 動物を使っているため、虐待の疑いをかけられてしまいましたが、これが無ければまだブームは続いていたのかもしれません。

今はまたCMで出てきていて、興味を持っている人、可愛いと思っている人が多いと思いますので、また再ブームが来るかもしれませんね♪

初めからある暴走族風も可愛いですが、現代に合わせて可愛い服を着ている猫もすごく可愛いと思うので、私はもっとみたいなと思います。

1つのCMだけではなく、色々な所で見かけるようになったらいいなというのが私の考えです。

どうでしょうか?少しでもなめ猫について知ることが出来たでしょうか? 昔好きだった人は、現在見ることが出来て懐かしく思い、嬉しいと感じているのではないでしょうか。

また初めて見る若い子は、興味があるなめ猫グッズがほしいと思っている人がいると思いますので、またなめ猫が人気になるのではないでしょか。

↑ PAGE TOP